男性

賢く不動産売却をしよう|相談が鍵になる!

マイホームを安く買うなら

背広の女性

本体だけでなく費用も注目

マイホームを購入する際は、物件の本体価格の他にもさまざまな費用が必要になります。印紙税や不動産取得税、火災保険料などがこれに当たり、資金計画を立てる際にはこれらの費用にも目配りが必要です。仲介手数料もまた同様です。仲介手数料とは売買契約を成立させたことによる一種の成功報酬で、不動産仲介業者に支払うものです。仲介手数料の算出方法は法律で定められており、その計算式は取引価格ごとに異なります。ただしどんなケースにも当てはめることのできる簡易な算式があり、それによると取引価格の3パーセントに6万円を加え、さらに消費税を上乗せした額となります。ただ、こうして算出される仲介手数料の額はあくまで法律上の上限であるため、これより低い額であっても問題はありません。実際、最近では仲介手数料無料という物件も出回っています。

仲介手数料が無料の理由

先に紹介した算式によれば、取引価格が3,000万円の物件であれば仲介手数料は約100万円となります。もし仲介手数料無料ということになればこの費用がそっくり節約できるわけで、非常にお得だと言えます。仲介手数料無料物件には大きく分けて2つのパターンがあります。1つは物件所有者が自ら販売しているケースです。これは新築の分譲マンションなどに多い事例ですが、中古住宅でも不動産会社がいったん物件を買い取って売りに出している場合はこれに該当します。もう1つは売主からのみ仲介手数料を徴収しているケースです。実は仲介手数料は売主と買主の双方から受け取ることができるようになっているのですが、買主のみ仲介手数料無料とすることによって、購買意欲を高めることができるのです。