男性

賢く不動産売却をしよう|相談が鍵になる!

債務を減らすために

握手

市場価格に近い価格で

住宅ローンでは通常は、融資した金融機関が抵当権を持ちます。実際にその不動産を利用するのは、融資を受けた債務者です。しかし仮に住宅ローンの返済が滞った場合には、その不動産は、抵当権を持つ金融機関の手に渡ることになるのです。金融機関はその不動産を、競売にかけることで現金化し、債務を回収しようとします。競売では一般的には、市場価格の6〜7割ほどの価格での売却となるため、現金化しても債務を回収しきれない場合も多々あります。つまり競売にかけた後も、債務者は返済を続けていくことになるわけです。これを回避するためにおこなわれていることが、任意売却です。任意売却では、不動産を市場価格に近い価格で売却することができるため、競売と比較すると債務を減らしやすくなっています。もちろん不動産によっては、債務を上回る額で売却することも可能です。

専門家に依頼する理由

任意売却は通常は、任意売却における民間資格などを有している専門家の手によっておこなわれます。なぜなら、抵当権を持つ金融機関が不動産を競売にかけてしまう前に手続きを進める必要があるからです。また、返済が滞れば滞るほど、遅延損害金が多く発生することになり、その分債務が増えてしまいます。つまり任意売却はスピード勝負となるため、そのため専門家の手によって迅速に手続きを進めることが大事とされているのです。さらに、仮に金融機関側が競売にかける準備を始めていたとしても、専門家なら交渉により、それにストップをかけることが可能です。加えて、債務者が債務を整理した後の人生の再スタートについてのアドバイスも、おこなわれることが多いのです。このように頼りになることから、多くの債務者が専門家に任意売却を依頼しています。