男性

賢く不動産売却をしよう|相談が鍵になる!

不動産の売却

積み木と婦人

方法

任意売却とは、自分の所有している不動産を自分の意思のもと売却することをいいます。しかし、本来不動産を売却する場合には、住宅ローンを全額返済する必要があるでしょう。なぜなら、不動産登記されている抵当権などを解除できず、抵当権がある状態で不動産を購入しようとする方はいないからなのです。しかし、任意売却であれば住宅ローンが残っている状態であっても売却することができるのです。仲介者が債務者と債権者の間に入ることにより、両者の納得のいく価格で売買を成立させてくれるのです。そのため、競売になるまで放置してしまう可能性はなくなるでしょう。任意売却は、住宅ローンから債務者を救済するとてもすばらしい手段なのではないでしょうか。

相談

また、任意売却を行う際には複数社に相談して決めた方が良いでしょう。任意売却を経験されたこともなく、知識もない状態で1社だけに相談し決定してしまってはいけません。任意売却の業者は多々あるため、当然結果も違ってくるのではないでしょうか。不動産売却で得られる利益が大きく関わってくるため、今後の自分の生活にも影響するといえるでしょう。そのため、2社以上には必ず相談することを意識し、不動産の免許を持っている業者の方に相談することが大切なのではないでしょうか。任意売却は、不動産の免許の有り無しに関わらず交渉事に携わることができますが、免許を所有している方が安心だといえるでしょう。また、自分自身も任意売却の知識をつけることも大切なのではないでしょうか。